"

我が家には鉄の掟があります。

「調理した者、皿洗うべからず」

うちは夫婦共働きなので家事を分担するアイディアです。妻の方が帰りが早く平日の料理は基本的に妻、休日は僕が料理しています。するとどうしても妻の方が料理する回数が増えてしまうため、こういうルールが導入されました。

やってみると意外としっくりくるルールで、料理した後に洗い物しなくて良いって嬉しいんですよね。料理して食べてお酒飲むと皿洗い面倒じゃないですか? それが料理した後は食べるだけ。うだうだTV見ながらビール飲んで過ごせる幸せ。

逆に料理作ってもらった時は「美味しい料理をありがとう」の気持ちでお皿を洗う。とても良い。

もうひとつ利点があって、料理しながらお皿片づけられるようになりました。あんまり大量に残しておくと、家事できない人みたいでカッコ悪いんですよ。

"
"

 中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

"

asahi.com :教育 - いじめられている君へ

さかなくんは、ほんとは天使なのかもしれない。

(via 4kshike)

(via plasticdreams)

"妻の美術手帖を読んでたら「アイデアを具現化するプロセスはただの単純労働だから、単純労働に耐えうるべきテーマかどうか自分で精査しなければならない」という村上隆の言葉が紹介されていて琴線に触れた。"
"

何かをスタートしたかったら大晦日が一番だ。

1日だけフライングしておくだけで随分気が楽になる。

大晦日からスタートした人が、翌年からスタートできる人なのだ。
 

"

3行日記 - asshuku: スタート。 (via drhaniwa)

こうこう大切なことはもう少し早く流れてきて欲しかった。

(via mediapicnic)

(via usaginobike)

"「絶対にやれ」という命令は、人間を追い詰めるには役不足に思える。そうした上司は「嫌な奴」に見えて、嫌な奴は逆説的に、心の安全弁的な機能を担う。人を殺すのは、「やれ」ではなくて「どうしてできないの?」という問いかけであって"
"

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:10/09/12 15:58 ID:YQbV7SEN0

1つ実験をしてみましょう。後ろ足のひざの後ろをしっかり伸ばして歩いてみてください。それを10分続けながら、ネガティブなことを考え続けることができますか?

ひざの後ろを伸ばすと、自然と背筋が伸びます。背筋が伸びると肩が少し後ろに引かれる感じになり、自然とあごと顔の向きが上がります。顔の向きが上がると当然のことながら 目線が上がりますが、目線を上げると、人間の脳の構造上、内面会話が確実に減るのです。

これは「ストレスゼロ姿勢」のひとつです。実際、この姿勢は、多くの人にとってストレスを感じることが難しくなります。

この姿勢のヒントをわたしはミラノのファッション業界のトップから教わりました。彼いわく、「町を歩いている多くの人の中で日本人はすぐ分かる。なぜなら日本人は歩くときに ひざの後ろが伸びていないんだ」そうです。

"
"カリカリと不満を口にする人間は、刺々しい顔になっていく。
優しい気持ちで人に接している人の顔は、慈愛がにじみ出るようになる。
狡猾な顔、正直者の顔、他人の足を引っ張る人間の顔、人助けをする顔……
人生は顔に出る。それはごまかせない。(樹林伸)"
"百年の孤独の読後感は素晴らしいよ。
風呂いっぱいに溜め込んだ水を、栓を抜いて流すような感じ。
最初は水面がたぷたぷ揺れてるだけなんだけど、だんだん渦を巻いて
最後は竜巻のような勢いで吸い込まれてく。
せっかくだからもう一度読んでみた方がいい。
でもこの季節はちょっと合わないんだよな。あれは真夏のクソ暑い日の夜に
一晩かけて読むのがいい。読み終わるころちょうど夜明けがきて、いい具合にキマるぞ。"
gkojax:

【画像大量】俺がフフッてなったboketeを貼っていくだけのスレ:キニ速
yoimachi:

飯豊まりえ

yoimachi:

飯豊まりえ

1 of 3804
Themed by: Hunson